2018/06/26 16:45

許されぬ恋の行方は…『チューリップ・フィーバー』予告解禁

『チューリップ・フィーバー』場面写真(C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD.  ALL RIGHTS RESERVED.
『チューリップ・フィーバー』場面写真(C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
 女優のアリシア・ヴィキャンデルが主演を務める映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』から、日本版予告編が解禁となった。映像には、許されぬ恋に落ちる主人公の姿や、スペインから独立し「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダの様子が収められている。 デボラ・モガーのベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督がメガホンを取り、『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化した本作。親子のように年の離れた裕福なコルネリスと結婚したソフィアが、夫婦の肖像画を依頼した無名の画家ヤンとの許されざる恋に落ちる姿を描く。

 主人公のソフィアをアリシアが演じ、若く美しい画家のヤンをデイン・デハーン、夫のコルネリスをクリストフ・ヴァルツ、チューリップを栽培する修道院の院長をジュディ・デンチが演じる。

 予告映像には、超高級チューリップに夢中になる民衆の様子や、二人の許されぬ恋路、随所に見られるフェルメール絵画へのオマージュが映し出されている。原作小説は「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という著者の思いから誕生。ソフィアを演じたアリシアは、フェルメールの絵画『真珠の耳飾りの少女』をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現する。

 この度、映画の前売り特典が、高級チューリップのイラスト入り一筆箋に決定。物語の舞台である17世紀オランダでは、白い花びらに赤い線が入った希少なチューリップの球根が邸宅一軒分程の超高値で取引されていたという。映画ではヤンが、二人の愛を貫くため、チューリップの球根に全財産を投資する。

 映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は10月6日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >