2018/06/28 04:00

中島美嘉のラブソング『雪の華』、登坂広臣&中条あやみ主演で映画化

(左から)映画『雪の華』に出演する登坂広臣、中条あやみ(C)2019映画「雪の華」製作委員会
(左から)映画『雪の華』に出演する登坂広臣、中条あやみ(C)2019映画「雪の華」製作委員会
 歌手・中島美嘉の冬のラブソングの定番『雪の華』が、登坂広臣と中条あやみ主演で映画化されることが発表された。登坂は「僕自身が普段アーティストとして活動しているからこそ、中島美嘉さんの楽曲『雪の華』をモチーフとした作品に携われることを光栄に思います」とコメントを寄せている。 登坂が演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔。中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪に扮する。また、美雪の母親・平井礼子役で高岡早紀、悠輔らを見守る先輩・岩永役で浜野謙太、美雪の担当医師・若村役で田辺誠一も出演。監督は『orange‐オレンジ‐』や『羊と鋼の森』で知られる橋本光二郎。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などの岡田惠和が担当する。

 解禁になった20秒の超特報映像は『雪の華』のイントロに乗せて「神様、どうか一度だけ、私に恋をください。」という美雪の願い、そしてフィンランドと東京それぞれの美しい景色、さらには雪の中で切なげに見つめ合う悠輔と美雪の姿を映し出す。登坂はフィンランドでの長期ロケを敢行した本作での撮影を「同じアーティストとして楽曲に対して感じたことを、自分なりに落とし込みながら、作品の世界観や悠輔という役と向き合ってきました」と回想している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >