2018/06/29 06:40

「ドラマチックな部分に焦点を当てた」双子監督が挑む実在の幽霊屋敷ホラー

マイケル&ピーター・スピエリッグ監督
マイケル&ピーター・スピエリッグ監督
 実在する幽霊屋敷の恐怖を描く『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』。メガホンを取るのは双子のマイケルとピーターからなるスピエリッグ兄弟監督だ。本作で初めて実話を基にした作品に挑み、オスカー女優を主演に迎えた。カリフォルニア州サンノゼに今も存在する本物の屋敷での撮影、こだわりぬいて再現したセットの裏話、そして主演のヘレン・ミレンとのエピソードなどを聞いた。 西部開拓時代に、“西部を征服した銃”とまで呼ばれたウィンチェスター銃の成功で莫大な財産を得たウィンチェスター一族。その未亡人サラは、自社の銃で命を落とした人々の亡霊から逃れるため、38年間、365日24時間、絶え間なく奇怪な屋敷の増改築を繰り返していた。そんなサラの精神鑑定をすべく屋敷に送り込まれた精神科医エリックは、屋敷で起こるさまざまな怪奇現象に遭遇する。

 幽霊屋敷と聞くと不気味な印象が強いが、マイケルは実際に訪れた感想を「素晴らしい建築に圧倒されたよ」と語る。一部のシーンは本物のウィンチェスターハウスを使用して撮影されたが「あの屋敷のすごいところは、設計図もなしに、サラが気の向くままに積み上げていって今の形になっているというところなんだ。まるで迷路のようで、廊下ひとつとっても行きと帰りで道順が変わったりする。内部は非常に入り組んでいるから、撮影隊ごとにガイドを付けなければいけなかったほどなんだ」と興奮気味に明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >