2018/06/30 06:25

豊川悦司、粘着質な上司を“男色”風に演じる『パンク侍、斬られて候』

『パンク侍、斬られて候』内藤帯刀役の豊川悦司(C)エイベックス通信放送
『パンク侍、斬られて候』内藤帯刀役の豊川悦司(C)エイベックス通信放送
 ドラマ『半分、青い。』(NHK総合/月曜~金曜8時ほか)では、長髪&サングラスの売れっ子漫画家・秋風羽織役で話題を集め、公開中の映画『のみとり侍』では、素っ裸で熱演――最近の豊川悦司は、非常にアツい。そんな彼は現在、映画『パンク侍、斬られて候』に切れ者の家老役で出演中。クセの強いキャラを立て続けに演じ、長いキャリアの中で、何度目かの黄金期を迎えている豊川が今作を語った。 映画『パンク侍、斬られて候』は、芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名時代小説を、宮藤官九郎が脚色し、石井岳龍監督のメガホンで映像化した、まさに“パンク”なエンターテイメント大作。豊川は本作の中で、物語の舞台となる黒和藩の実権を握る家老・内藤帯刀を演じている。帯刀は、上級武士としての魅惑的な気品を保ちながら、藩内の権力闘争を勝ち抜いてきた“食えない狸オヤジ”的な雰囲気を持つキャラクターだ。

 豊川は自身の役について「内藤さんという人は、いろんな顔をそのシーンごとに合わせて変えてゆく人で、『あなたの会社にもこういう上司がいるかもしれませんよ』と言えるような、リアリティを持った人」と分析。さらに「中間管理職よりももう少し上の、“もう、本当に嫌だなーあの常務”という“常務感”のような雰囲気が出せればいいなと考えながら演じていました」と演技プランを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >