2018/07/03 18:36

『炎の少女チャーリー』再映画化、『女は二度決断する』監督がメガホン

『炎の少女チャーリー』リブート版はファティ・アキン監督がメガホン(C)AFLO
『炎の少女チャーリー』リブート版はファティ・アキン監督がメガホン(C)AFLO
 2017年に浮上していたスティーヴン・キング原作『炎の少女チャーリー』の再映画化企画。米ユニバーサル・ピクチャーズとブラムハウス・プロダクションズの共同製作で進められていたが、映画『女は二度決断する』の監督ファティ・アキンがメガホンを取るとVarietyが報じた。 キングが1980年に発表した小説『ファイアスターター』をベースにした『炎の少女チャーリー』。新薬の被験者だった両親のもとに生まれた少女チャーリーが、パイアキネシスという強力な発火能力の持っていたことから、彼女を利用しようとする政府下の秘密組織「ザ・ショップ」に追われるというストーリーだ。

 1984年の映画化では、当時、子役だった女優ドリュー・バリモアがチャーリーを演じ、妻を殺され娘と逃亡することになる父親のアンディを、映画『愛と青春の旅立ち』の俳優デヴィッド・キースが演じた。

 再映画化の脚本は、海外ドラマ『レクティファイ 再生』のスコット・ティームズが執筆するという。製作にはキング原作の映画『ダークタワー』のアキヴァ・ゴールズマンや、ホラー映画『ゲット・アウト』のジェイソン・ブラムなどが名を連ねる。1984年版ではアソシエイトプロデューサーだったマーサ・デ・ラウレンティスが、製作総指揮を務めるという。

 監督が決まったとあり、キャスティングが進むことが予想される。続報に期待したい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >