2018/07/04 12:30

津田大介、『ブラックパンサー』は「奥の深い作品」 アメリカ社会と重ね持論を展開

『ブラックパンサー』を鑑賞したジャーナリストの津田大介氏にインタビュー クランクイン!
『ブラックパンサー』を鑑賞したジャーナリストの津田大介氏にインタビュー クランクイン!
 日本を含めた全世界映画興行収入で『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を抜き歴代9位にランクイン(Box Office Mojo調べ)したマーベル映画『ブラックパンサー』。次々と興収記録を塗り替え、続編の製作も決定している注目作が、デジタル配信に続き、MovieNEXも発売となった。今回、SNS上での高評価から本作に強い関心を持っていたというジャーナリストの津田大介氏が、その優れたエンターテイメント性とともに、背景に描かれたアメリカ社会が抱える“問題”について持論を展開した。 本作は、アフリカの秘境にありながら、世界で最も発達した高度なテクノロジーをもつ超文明国<ワカンダ王国>を舞台に、若き国王と漆黒のヒーローという2つの顔を持つ男ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が祖国の存亡を懸けて戦うアクション・エンターテイメント。父の死によって王位を継いだ息子ティ・チャラが、世界を崩壊させるほどのパワーを持つ希少鉱石“ヴィブラニウム”の流出を阻止するため、“ブラックパンサー”となり、さまざまな敵と戦う姿を壮大なスケールで描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >