2018/07/18 15:40

スカーレット・ヨハンソン、賛否両論のトランスジェンダー主役を降板

トランスジェンダー役を降板したスカーレット・ヨハンソン(C)AFLO
トランスジェンダー役を降板したスカーレット・ヨハンソン(C)AFLO
 女優のスカーレット・ヨハンソンが、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のルパート・サンダース監督の新作『Rub&Tug(原題)』から降板することを決めたという。同作でトランスジェンダーの男性を演じる予定だったスカーレットは、本当のトランスジェンダーの役者から機会を奪っていると批判されていた。 スカーレットはLGBTQコミュニティ向けの雑誌「OUT」に声明を出し、「私がダンテ・“テックス”・ジル役にキャスティングされたことをめぐり、倫理的な問題が起きたことから、同作を降板することに決めました」と発表したという。当初、バッシングを受けて反論したスカーレットだが、それ以来、トランスジェンダーコミュニティーについて学び、自分の前回の発言が無神経だったことを自覚したという。

 「ダンテの物語やその転換に命を吹き込む機会を得たいのは山々ですが、彼の役はトランスジェンダーの俳優が演じるべきと多くの人々が感じていることを理解しています」と語り、全てのアーティストが平等、公平に考慮されるべきであるという考えを明らかにしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >