2018/07/26 04:00

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開決定&特報解禁

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ティザービジュアル(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ティザービジュアル(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
 2016年11月12日の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映が続いているアニメーション映画『この世界の片隅に』。本作に新規場面を付け加えた別バージョンが、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』として、12月に公開となることが決定した。 『この世界の片隅に』に約30分の新規シーンを付け加えた本作では、主人公・すず(のん)と、すずが嫁ぎ先の町で初めて出逢う同世代の女性リン(岩井七世)との交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードが追加。さらに、すずが妹・すみ(潘めぐみ)を案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなども描く。新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描写し、彼女たちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いが映し出されることによって、すずはより大人な印象になるという。

 公開決定の知らせとともに、特報映像とティザービジュアルも解禁となった。片渕須直監督自らが制作した特報映像では、コトリンゴが歌う『悲しくてやりきれない』に乗せ、指につけた紅によってリンの横顔が描かれていくほか「リンさんをさがして。そう、うちの声が言うのが聞こえた…」というすずの声も確認できる。ティザービジュアルでは、すずとリンが背中合わせに描かれており、それぞれ印象的な表情を見せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >