2018/09/06 12:00

“それ”は夜くる…A24×『イット・フォローズ』製作陣の心理スリラー公開

『イット・カムズ・アット・ナイト』メインビジュアル(C)2017 A24 Distribution,LLC
『イット・カムズ・アット・ナイト』メインビジュアル(C)2017 A24 Distribution,LLC
 アカデミー賞受賞作品『ムーンライト』を世に送り出した映画会社A24と、青春ホラー『イット・フォローズ』製作陣がタッグを組んだ心理スリラー映画『IT COMES AT NIGHT(原題)』が、邦題を『イット・カムズ・アット・ナイト』として11月に公開されることが決定した。 本作は、2012年の設立以降、映画『ムーン・ライト』『エクス・マキナ』『ア・ゴースト・ストーリー』といった話題作を発表し続ける北米注目の映画会社A24と、2015年の放送映画批評家協会賞のSF/ホラー映画賞にノミネートされた『イット・フォローズ』の製作陣が手がける極限の心理スリラー。

 森の中の一軒家に隠れ住むポール一家。そこへ、夜になると現れる謎の“それ”から逃れるため、ウィルという男とその家族が助けを求めに来る。ポールは“それ”の侵入を防ぐため、家のルールである「夜入口の赤いドアは常にロックする」に従うことを条件に、ウィル一家を受け入れる。ところがある夜、約束の赤いドアが開け放たれていたことが露呈。お互いへの猜疑心、迫り来る“それ”への恐怖から、彼らは疑心暗鬼になり、やがて本性を現していく。

 メガホンを取ったのは、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその才能を絶賛された新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。主演を映画『ザ・ギフト』で長編初監督と主演を務めたジョエル・エドガートンが務め、製作総指揮としても本作に参加する。

 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は11月23日より全国順次公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >