2018/09/07 20:13

芳根京子、土屋太鳳と100回キス!「太鳳ちゃんとのキスは挨拶」

(左から)『累‐かさね‐』初日舞台挨拶に登壇した芳根京子、土屋太鳳 クランクイン!
(左から)『累‐かさね‐』初日舞台挨拶に登壇した芳根京子、土屋太鳳 クランクイン!
 女優の芳根京子が7日、映画『累‐かさね‐』の初日舞台挨拶にダブル主演を飾った土屋太鳳、共演の浅野忠信、佐藤祐市監督とともに登壇。撮影の一環で、土屋と100回ほどキスをしたと告白し、「太鳳ちゃんとのキスは挨拶」と語った。 漫画家・松浦だるまが手がけたコミック『累』を原作とする本作。美しい顔を持つ舞台女優・ニナ(土屋太鳳)と、醜い顔を持つも天才的な演技力を持つ累(かさね、芳根)の2人が、キスした相手の顔を奪える口紅を使って1人2役に挑む様を描く。

 土屋は、撮影にあたって芳根とのキスシーンを回想。「かなりキスをさせて頂いて…嬉しかったです」と述懐した。芳根も「(土屋とキスを)させて頂きました…何回ですかね。テストの時から…100回くらいですかね。太鳳ちゃんとのキスは挨拶」と笑みをこぼした。

 芳根は本作を通じて「自信をもらいました。朝ドラが終わったとき、演出の方に『芳根ちゃんはもうちょっと自信を持ったほうがいいよ』と言われて東京に帰ってきた。“自信ってどうやって手に入れたらいいんだろう”って悩んだ時期もあったけど、今まで見つけることのできなかった感情を『累』では引き出してもらった。追い詰められた時に出てくるパワーが自分に潜んでいると分かった時、少し自信をもらうことができました」と胸を張った。

 浅野は、監督のほうを向いて「僕自身も成長させてもらった。パート2を撮ってもらって、さらに成長させてもらおうかな」と冗談交じりに述べた。

 本イベント終了前の挨拶では、土屋が「この挨拶が終わると(本作にまつわる仕事が)全て終わって…とても寂しいです」と言いながら、涙を浮かべる一幕も。降壇の際には、芳根と抱き合って感無量の様子を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >