2018/09/14 20:05

北川景子、“女優・平手友梨奈”の門出に涙「ずっと見守ってきた」

『響 ‐HIBIKI‐』初日舞台挨拶にて クランクイン!
『響 ‐HIBIKI‐』初日舞台挨拶にて クランクイン!
 女優の北川景子が14日、映画『響 ‐HIBIKI‐』の初日舞台挨拶に、主演の欅坂46・平手友梨奈らと共に登壇。主人公を見守る劇中の役柄そのままに、平手の女優としての門出に感極まって涙し、「ずっと見守ってきたから。公開できて、彼女のためにも良かった」と述べた。 本作は、累計発行部数170万部を突破したコミック『響~小説家になる方法~』を原作とする意欲作。処女作で直木賞と芥川賞に同時ノミネートした天才女子高校生小説家・鮎喰響(平手)を中心に、さまざまな人間模様を描く。

 今回の舞台挨拶には平手や北川のほか、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督が出席した。

 会場では、作品タイトルにちなんで、心に“響”いたエピソードや言葉を紹介することに。響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役の北川は「平手さんと一緒に、この映画の取材をやっていた時、私が『平手さんにとって初めての映画だった。“また映画界に戻ってきたいな”と思ってくれるような経験になったらいいなと思ってやりました』って言ったら、ヒーちゃんが『うん、いい思い出だった』と言ってくれたのが、役柄もあったんですけど、ちょっと泣きそうになって響いた」と述懐。それを受けて平手も「いい思い出だったし、いい出会いをさせてもらった」とすぐコメント。MCから、編集者役が北川で良かったかと問われて「本当に良かった」と力を込めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >