2018/09/22 10:00

斎藤工主演&松田聖子共演のシンガポール・日本・フランス合作映画公開

『家族のレシピ』メインビジュアル(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
『家族のレシピ』メインビジュアル(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists
 俳優の斎藤工が主演を務め、歌手の松田聖子が共演したシンガポール・日本・フランス合作映画『Ramen Teh(原題)』が、邦題を『家族のレシピ』として2019年に全国公開されることが決定。9月にスペインで開催されるサン・セバスチャン国際映画祭への正式招待も発表された。 本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。日本からは斉藤や松田に加え、伊原剛志、別所哲也が出演。シンガポールからはコメディアンのマーク・リーや国民的女優のジネット・アウらが出演する。メガホンを取るのは、シンガポールを代表する映画監督で、長編アニメーション映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』も手がけたエリック・クー。

 高崎でラーメン屋を営む真人(斎藤)は、突然の父の死に際し、一冊の古いノートを見つける。それは真人が10歳の時に亡くなったシンガポール人の母が書いたもので、幼い頃、シンガポールに住んでいた真人は、忘れかけていた過去を埋めるため、シンガポールへと旅立つ。真人は以前より交流のあったシンガポール在住の日本人フードブロガー・美樹(松田)と共に、現地で家族を探すことに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >