2018/09/29 11:00

A・ヴィキャンデル、原作の世界に心酔『チューリップ・フィーバー』

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』に主演するアリシア・ヴィキャンデル(C) 2017 TULIP FEVER FILMS LTD.  ALL RIGHTS RESERVED.
『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』に主演するアリシア・ヴィキャンデル(C) 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
 女優のアリシア・ヴィキャンデルが主演を務める映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』より、アリシアが自身の演じた役柄について語ったインタビューが到着した。 本作は、「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」というデボラ・モガーの思いから生まれた世界的ベストセラー小説を、映画『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督のメガホンと『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞脚本賞を受賞したトム・ストッパードの脚本で実写映画化したもの。

 舞台は、チューリップが高値で取引された、“世界最古の経済バブル”と言われる「チューリップバブル」の渦中にある17世紀オランダ。修道院で育った若い女ソフィア(アリシア)と、彼女と年の離れた夫で裕福な商人コルネリス(クリストフ・ヴァルツ)、夫婦の肖像画を描く若い画家ヤン(デイン・デハーン)の運命が交差するさまを描く。

 アリシアはフェルメールの傑作絵画『真珠の耳飾りの少女』をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現。なかなか跡継ぎを授からず焦る日々を過ごす中、ヤンと恋に落ちる役どころを演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >