2018/10/05 17:00

音を立てたら即死の世界で妊娠…監督「エヴリンの妊娠は希望の象徴」

『クワイエット・プレイス』メイキング(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
『クワイエット・プレイス』メイキング(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
 低予算ながら全米で大ヒットし、現在日本でも公開中のホラー映画『クワイエット・プレイス』。主演は女優のエミリー・ブラントが務め、実生活で彼女の夫であるジョン・クラシンスキーは、本作で監督・脚本・出演の三役をこなした。そんな本作の中心人物であるジョンに、作品のポイントや撮影時のエピソードを聞いた。 本作は、音に反応し人間を襲う“何か”によって、人類が滅亡の危機に瀕している荒廃した世界を舞台に、生き残りをかける家族の姿を描いたサバイバルホラー。互いにハリウッドで活躍しながら本作が初の共演となったジョンとエミリーは、劇中でも夫婦役を演じている。

 本作の大きなポイントのひとつは、音を立てれば殺されるという極限の状況の中、妻・エヴリン(エミリー)が妊婦であるという点だ。このアイデアについて、ジョンは「エヴリンが妊娠しているということは、この作品においてすごく好きな点です」と一言。続けて「このことはエンターテインメントとしての緊張感を高める効果以上に、エヴリンの人間性と人生観を反映しているからです」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >