2018/10/30 17:30

『クワイエット・プレイス』続編、ジョン・クラシンスキーが再び脚本

『クワイエット・プレイス』続編の脚本はジョン・クラシンスキーが担当(※『クワイエット・プレイス』場面写真)(C)AFLO
『クワイエット・プレイス』続編の脚本はジョン・クラシンスキーが担当(※『クワイエット・プレイス』場面写真)(C)AFLO
 低予算ながら全米で大ヒットし、日本でも9月28日に公開されたホラー『クワイエット・プレイス』。第2弾の制作が決まっているが、1作目で主演・監督・脚本を務めたジョン・クラシンスキーが、再び脚本を執筆するという。 “何か”に征服された世界で、音を出すとその“何か”に襲われるという恐怖の中でサバイバルを繰り広げる家族を描く『クワイエット・プレイス』。本国アメリカでは4月6日に公開され、製作費1700万(約19億1300万ドル)ドルに対し、17週間の上映期間で北米興行収入1億8800万ドル(約211億5940万ドル)以上に上るヒットとなった。

 The Hollywood Reporterによると、ジョンはロサンゼルスで行われたQ&Aセッションで、続編には関わらないつもりだったことを明かしたという。共演する妻で女優のエミリー・ブラントにもそう話していたそうだ。「それが、続編に関してちょっとしたアイデアが浮かんだんだ。でも先には進まないと思っていたから、スタジオ側に“別の人とやってくれ”と伝えた」と語ったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >