2018/11/02 12:00

カンヌ受賞、KKK団に潜入捜査した実話描くスパイク・リー監督最新作公開

映画『ブラック・クランズマン』場面写真(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
映画『ブラック・クランズマン』場面写真(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
 第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したスパイク・リー監督の最新作『BlacKkKlansman(原題)』が邦題を『ブラック・クランズマン』として、2019年3月に公開されることが決定した。 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという実際の事件を克明に記録したノンフィクション小説を、リー監督がメガホンを取って映画化。

 1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は初の黒人刑事として採用される。ロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に電話をかけ、入会の面接にこぎつける。問題は黒人のロンがKKKと対面することができない点。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、彼らは2人で 1人の人物を演じて、KKKの内部調査と行動を見張ることに…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >