2018/11/10 12:00

篠原涼子が等身大の母親を熱演 『人魚の眠る家』Pが語る魅力

映画『人魚の眠る家』場面写真より(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会
映画『人魚の眠る家』場面写真より(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会
 女優の篠原涼子が、娘の運命に苦悩する母親を演じる映画『人魚の眠る家』。本作の新垣弘隆プロデューサーが、篠原を起用した理由や、撮影の中で新たに見えてきたその魅力について語った。 本作は、100万部に迫るベストセラーとなっている東野圭吾の同名のミステリー小説が原作。2人の子を持つ播磨薫子とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)は、娘・瑞穂(稲垣来泉)の小学校受験が終わったら離婚すると決めている仮面夫婦だったが、ある日、瑞穂がプールで溺れ、意識不明に。

 回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。しかし、美しい姿を取り戻しながらも眠り続ける娘に対する思いの強さゆえに、薫子は狂気とも言える行動をとり始め…。

 『アンフェア』シリーズの雪平夏見役など、戦うキャリアウーマンの役が多かった篠原。新垣プロデューサーは篠原の“マニッシュで戦う強い女性”というパブリックイメージを認めた上で、「彼女自身は結婚もされて母でもあります。母としての等身大の役柄がみなさんに新鮮に映るだろう、そういう一面が女優としての新しい魅力を放つのではないかと思いオファーさせていただきました」と起用の理由を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >