2018/11/11 06:30

太賀、吉田羊との壮絶なやりとりに「“いい殴り合い”ができた」

太賀、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』インタビューカット クランクイン!
太賀、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』インタビューカット クランクイン!
 若手俳優は数多くとも、彼の実力、演技力の確かさに異論を唱える人は誰もいないだろう。近年はコメディからシリアスまで、幅広い役柄をこなしている俳優・太賀。そんな彼が主演映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』で、母親との関係性に悩む青年役を体当たりで演じている。 「原作本を読ませていただいた時に感じたのは、僕は経験したことがないし、新しく経験することもないような、壮絶な人生だということ。歌川さん自身が感じていたであろう痛みや悲しみを自分の実感として体験していく、そのハードルの高さを感じました」。

 出演オファーが来たときの気持ちをこう語る太賀。この映画はブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが、母親との関係を綴った同名コミックエッセイを実写化したものだ。そこに描かれるのは幼少期の母親からの虐待の記憶、そして成長してからもう一度母親と関係性を見つめ直す過程。内容のナイーブさはもちろん、『作者の実体験を演じる』ということのプレッシャーもあったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >