2018/11/27 12:00

『ファンタビ』最新作、ScreenX版で広がる闇と炎の世界 魔法動物が縦横無尽に駆け回る

『ファンタビ』最新作、ScreenX版で広がる闇と炎の世界 魔法動物が縦横無尽に駆け回る(C)2018 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
『ファンタビ』最新作、ScreenX版で広がる闇と炎の世界 魔法動物が縦横無尽に駆け回る(C)2018 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
 11月16日より世界79ヵ国で公開となった、ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、初週の全世界累計興行収入が2億5320万ドルをマークし、2016年公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』超えのオープニング成績として話題を呼んでいる。これまで2D、3D、4DXと様々な映像体験を提供してきた『ファンタビ』シリーズだが、11月23日より最新作が日本で公開され、本作より、ついに3面スクリーンでワイドに楽しめるScreenX版がお目見え。270度の視界を魔法世界に囲まれての鑑賞は、これまで経験したことのない感情を浮かび上がらせてくれた。 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ニューヨークからパリへと舞台を変え、逃げた強大な敵“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)の行方を追う。前作より主要キャストが続投したほか、若き日のダンブルドアをジュード・ロウが演じるなど、華やかなキャストが揃った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >