2018/11/27 12:25

『ラストエンペラー』ベルナルド・ベルトルッチ監督死去 ハリウッド哀悼

映画『孤独な天使たち』撮影時のベルナルド・ベルトルッチ監督(C)AFLO
映画『孤独な天使たち』撮影時のベルナルド・ベルトルッチ監督(C)AFLO
 映画『ラストエンペラー』などで知られるイタリア出身のベルナルド・ベルトルッチ監督が、現地時間27日にイタリアのローマで死去した。享年77歳。がんを患っていたという。VarietyやPeopleなどの海外メディアが報じた。 ベルトルッチ監督は1962年に映画『殺し』で監督デビュー。1970年の映画『暗殺の森』でアカデミー賞脚本賞、俳優マーロン・ブランドを主役に据えた問題作『ラスト・タンゴ・イン・パリ』で監督賞にノミネートされた後、1987年の『ラストエンペラー』で中国の清朝最後の皇帝・溥儀の人生を描き、作品賞や脚本賞を含む9部門を制覇した。同作では坂本龍一が作曲賞を受賞している。

 ほかには俳優ロバート・デ・ニーロ主演の『1900年』(82)や、俳優キアヌ・リーヴス主演の『リトル・ブッダ』(94)、女優リヴ・テイラー主演『魅せられて』(96)などを手がけたが、2012年の『孤独な天使たち』でメガホンを取ったのを最後に第一線から退いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >