2018/11/29 18:00

『ブラック・クランズマン』特報 危険な秘密結社へ潜入捜査開始

映画『ブラック・クランズマン』ティザービジュアル(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
映画『ブラック・クランズマン』ティザービジュアル(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
 第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したスパイク・リー監督の最新作『ブラック・クランズマン』より、特報とティザービジュアルが到着した。映像には、白人至上主義団体“KKK”で潜入捜査を行う主人公とその相棒の姿が収められている。 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査を行ったという実際の事件を克明に記録したノンフィクション小説を、リー監督が映画化した本作。アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)とタッグを組み、2人で1人の人物を演じながらKKKに潜入する様を描く。

 解禁となった特報映像は、KKKのメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ、祈りを捧げる姿から幕を開ける。その中心人物は、青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)だ。警察署のシーンに切り替わると、ロンの「俺が潜入する」という耳を疑う発言が飛び出す。これには上司も乾いた笑いで返すほかなく、周りの同僚刑事たちも失笑するが、ロンは本気で「白人として電話をかける」と続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >