2018/11/29 17:30

シルヴェスター・スタローン、『クリード2』でロッキー役にさよならか

シルヴェスター・スタローンがロッキー役の引退宣言(※映画『クリード 炎の宿敵』場面写真)(C)AFLO
シルヴェスター・スタローンがロッキー役の引退宣言(※映画『クリード 炎の宿敵』場面写真)(C)AFLO
 日本では来年1月11日公開予定の映画『ロッキー』スピンオフシリーズ第2弾『クリード 炎の宿敵』。本国アメリカでは感謝祭前の11月21日(現地時間)に公開されたが、俳優シルヴェスター・スタローンが同作でロッキー役が最後になることを示唆して、ファンに大きな衝撃を与えている。 ロッキーのよきライバルで友人だったアポロ・クリードの息子アドニスが、真のプロボクサーに成長する姿を描く『クリード』シリーズ。『クリード 炎の宿敵』では、ロッキーに師事したアドニスが、リングの上で父を倒し死に至らしめたドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子と対戦する。

 スタローンは『クリード 炎の宿敵』の撮影中に録画されたと思われる動画を自身のインスタグラムに投稿。「『ロッキー』ファミリーを40年以上応援してくれた世界中の皆さんに感謝する。この有意義なキャラクターを創造し、演じることができたのは究極の名誉だった。考えると心が痛むが、悲しくも全ての事に終わりが来る。心優しく寛大なみんなが大好きだ。何が最高かって、ロッキーは永遠に不滅だということだ。みんなの心の中で生き続けるからね」と綴っている。スタローンは動画の中でも、スピーチを促されると、「僕がこの役を演じるのは、恐らくこれが最後だ」と切り出している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >