2018/11/30 12:00

『ジュラシック・ワールド』恐竜“ブルー”が日本上陸? 三宅島にリアルな立像が登場

三宅島に寄贈された『ジュラシック・ワールド』恐竜“ブルー”の立像(左から、三宅村観光協会担当者、三宅村 櫻田昭正村長)
三宅島に寄贈された『ジュラシック・ワールド』恐竜“ブルー”の立像(左から、三宅村観光協会担当者、三宅村 櫻田昭正村長)
 俳優クリス・プラットが主演を務めるシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。本作のブルーレイ&DVDの発売を記念して、25日、三宅島に1日限定で初の映画館がオープンし、上映イベントと共に劇中に登場する恐竜“ブルー”の立像が寄贈された。 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、前作の大惨事から3年後…テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は今や放棄され、恐竜たちがたくましく生き抜く、野生の島へと姿を変えていた。しかしある日、島内で巨大な火山噴火の予兆が観測される。タイムリミットが近づく中、選択を迫られる人間たち。恐竜たちの生死を自然にゆだねるのか、それとも命をかけて救い出すのか。

 今回の上映イベントは、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のダイナミックなスケールと壮大な自然環境のイメージが三宅島とピッタリだという理由から、島民に同作の世界観を大画面で体験してもらうべく開催。三宅島での初の映画館オープンに、全島民2502人のうち約100人が来場した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >