2018/12/05 17:30

ウェス・アンダーソン監督、ジャーナリストを称える新作を撮影か

豪華スターのラインナップが楽しみな新作を撮影中のウェス・アンダーソン監督(C) AFLO
豪華スターのラインナップが楽しみな新作を撮影中のウェス・アンダーソン監督(C) AFLO
 前作では日本を舞台にしたストップモーション・アニメ『犬ヶ島』を手がけたウェス・アンダーソン監督。今度は1940年代のフランスが舞台のミュージカルを撮影すると伝えられていたが、ミュージカルではないらしい。ジャーナリストへのラブレター的な作品になるという。IndieWireが報じた。 1週間前から南フランスで極秘に撮影が始まったという新作のタイトルは、『The French Dispatch(原題)』とのこと。情報筋の話では、20世紀パリを舞台に、アメリカの新聞社の支局で働くジャーナリストへのラブレターになるような作品になるという。3つのストーリーが展開するとのことだが、キャラクターなどの詳細は不明だ。

 アンダーソン作品の常連で『犬ヶ島』で声の出演を果たした俳優のビル・マーレイや女優のフランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントンと共に、映画『君の名前で僕を呼んで』の若手俳優ティモシー・シャラメ、映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の俳優ベニチオ・デル・トロなどがキャストに名を連ねるという。

 さらに、アンダーソン監督とソフトバンクのCMでタッグを組んだことのある俳優ブラッド・ピットや、映画『ダージリン急行』に出演した女優ナタリー・ポートマン、映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の女優レア・セドゥが出演するという噂があり、実現すれば、かなり豪華なスター陣が集結することになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >