2018/12/09 12:00

『メアリーの総て』メアリーが“死の克服”の虜に…カエル実験シーン本編

映画『メアリーの総て』場面写真(C) Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
映画『メアリーの総て』場面写真(C) Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017
 女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から、主人公の女流作家メアリー・シェリーが自身の物語『フランケンシュタイン』の着想を得た瞬間を捉えた本編映像が解禁された。 本作は、ゴシック小説の金字塔『フランケンシュタイン』でイギリス文学史に名を残す19世紀の作家、メアリーの知られざる生涯を初めて描いたヒューマンドラマ。

 公開された本編映像では、メアリー(エル)、夫で詩人のパーシー(ダグラス・ブース)、義妹のクレア(ベル・パウリー)の3人が、「科学の進歩により、人類は“死”を克服しつつある」という言葉とともに幕を開けた科学実験ショーに出席した場面をピックアップ。パーシーら他の観客が、カエルの死体が電気を与えられ、両足を跳ね上げる様子に沸く中、メアリーは拍手も忘れて舞台をただ呆然と見つめる。

 ショーの終了後も、メアリーは「本当に死者を蘇らせることができるの?」とパーシーに尋ねるなど、実験内容のとりこになっていることがうかがえる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >