2018/12/21 11:45

『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー、周囲の反対押し切り執念の映画化

ブラッドリー・クーパーが周囲の反対押し切り、『アリー/ スター誕生』を手掛けた理由とは
ブラッドリー・クーパーが周囲の反対押し切り、『アリー/ スター誕生』を手掛けた理由とは
 本日より公開される映画『アリー/ スター誕生』で、製作・監督・共同脚本に加え、劇中、ダブル主演を務めるレディー・ガガと対等のステージ・パフォーマンスを披露した俳優のブラッドリー・クーパー。約半年間にわたるギター、ピアノ、歌の猛特訓に耐えながら、1人4役を完璧にこなし、今や、本年度の映画賞を総なめにしそうな勢い。「絶対にやめたほうがいい」という周囲の猛反対を押し切ってまで、彼はなぜ、この壮大なチャレンジに身を投じたのか。胸に秘めた熱い思いをブラッドリー本人が語った。 本作は、1937年の『スタア誕生』を皮切りに、これまで3度映画化されてきた物語を、映画初主演のガガと映画初監督のブラッドリーで新たに作り上げた感動のシンデレラストーリー。歌手としてスターになることを夢見ながらも、自分に自信が持てないアリー(ガガ)は、小さなバーで細々と歌っていた。そんなある日、偶然、このバーを訪れた世界的ロックスター、ジャクソン(ブラッドリー)は、アリーの歌声に唯一無二のものを感じ、ショービジネスの世界へと招き入れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >