2018/12/28 06:00

三浦春馬、子役特有のネガティブを克服 俳優は一生続けるか「分かんない」

三浦春馬『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』インタビュー クランクイン!
三浦春馬『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』インタビュー クランクイン!
 1997年、7歳でNHK連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューし、以後も俳優として着実にキャリアを重ねる三浦春馬。21年のキャリアでさまざまな役に挑んできたが、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』では、悩み多き医大生ボランティアに扮する。人と関わる上で生まれる悩みとその解消、そして俳優としての夢について聞いた。 本作は、重度の筋ジストロフィーを患いながら自らボランティアを集めてわがまま放題の自立生活を送った実在の人物・鹿野靖明さんの人生を、大泉洋の主演で描いた物語。三浦は、自信のなさに悩み葛藤しながらボランティアとして鹿野を支える医学生の田中を演じている。

 「笑っていたと思えば、気づいたら涙ぐんでる自分がいた」と試写の感想を明かす三浦。「台本を読んだときには想像できなかった感情が自分の中に流れていたんです。もちろん大泉さんや高畑充希さんたちの素晴らしい芝居を間近で拝見していたので、『きっといい映画になる』とは思っていました。でもその期待を優に超えて、純粋に面白かったです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >