2019/01/18 06:00

斎藤工『麻雀放浪記2020』 2つの“戦後日本”を描く予測不能の特報解禁

映画『麻雀放浪記2020』場面写真(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
映画『麻雀放浪記2020』場面写真(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
 俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』より、特報映像が解禁された。斎藤演じる坊や哲が1945年からタイムスリップしてきた2020年の世界で、核爆発を思わせる巨大なキノコ雲や朽ち果てた東京五輪のポスターなどが断片的に映し出されるショッキングな映像となっている。 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジした内容となっている。和田版を生涯ベストの1つと公言している斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』などアウトロー映画の第一人者である白石和彌監督。

 坊や哲が終戦直後の1945年からタイムスリップしてきたのは、2020年の東京。人口は減少し、労働は人工知能(AI)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれ、東京五輪が中止となった未来だ。そんな思わぬ状況での“麻雀”の死闘を描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >