2019/01/31 17:40

ビートルズの新映画 P・ジャクソン監督「“現場に立ち会う”という究極の映像体験に」

ザ・ビートルズ アーティスト写真(C)Apple Corps Ltd
ザ・ビートルズ アーティスト写真(C)Apple Corps Ltd
 ザ・ビートルズのアルバム『レット・イット・ビー』のセッション時に撮影された未公開映像を元に、新たな映画が製作されることが発表された。メガホンを取るのは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで知られるピーター・ジャクソン監督。監督は「この映画をビートルズ・ファンが長らく夢見ていた“現場に立ち会う”という究極の映像体験にしようと思っています」と語っている。 このたび製作される映画は、1969年1月2日から1月31日にかけてスタジオで撮影されたザ・ビートルズの約55時間にわたる未公開映像を基にしたものとなる。このスタジオでの映像は、グループにとっての最後のオリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のセッション時のもので、元々はテレビの特別番組のために撮影されていた映像素材だ。

 ザ・ビートルズは1960年代に、コンサートやインタビュー、映画など様々な映像が残してきたが、メンバーがスタジオで作業をする様子を記録した映像はこれだけと言われている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >