2019/02/01 08:00

西島秀俊×佐々木蔵之介『空母いぶき』第1弾予告解禁&公開日決定

『空母いぶき』場面写真(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
『空母いぶき』場面写真(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
 俳優の西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演の映画『空母いぶき』の公開日が5月24日に決定。あわせて第1弾予告映像が公開となった。予告映像には、空母いぶきが突如攻撃を受ける緊迫の戦闘シーンや、自衛官たちの様々な思惑が錯綜する様子が納められている。 本作は、『ジパング』『沈黙の艦隊』で知られる漫画家・かわぐちかいじの累計350万部突破の同名コミックを実写化したアクション・サスペンス。再び“空母の時代”へ突入した20XX年の世界を舞台に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた日本の戦いを描く。映画『沈まぬ太陽』の若松節朗が監督を務める。

 西島は航空自衛隊エースパイロットの実績から、空母いぶきの艦長に抜てきされた秋津竜太を、佐々木は海上自衛隊生え抜きながらその副長に甘んじる新波歳也を演じる。

 公開された予告映像は、空母いぶきが敵潜水艦から突然ミサイル攻撃をうけるシーンから始まる。戦争反対の意思を貫き防衛に徹するのか、それとも迎撃するのか、秋津と新波は対立しながらもかつてない決断を迫られる。さらに映像では、取材目的で「いぶき」に乗艦し、戦闘に巻き込まれる女性記者・本多(本田翼)、内閣総理大臣・垂水(佐藤浩市)、「いぶき」と連携を取る各艦の艦長(高嶋政宏、玉木宏、山内圭哉)の姿も見ることができる。

 一方、遠く離れた東京下町のコンビニで、すべての情報が遮断されたまま、クリスマス用のお菓子の長靴づくりに没頭する店長・中田(中井貴一)の姿が。そして、予告のラストは秋津が発する「撃墜せよ」の一言で締めくくられる。果たして、この指令は何を意味しているのだろうか。

 映画『空母いぶき』は5月24日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >