2019/02/14 11:50

『検察側の罪人』原田眞人監督が語る、俳優・木村拓哉と二宮和也の“対極的”な魅力

『検察側の罪人』原田眞人監督にインタビュー クランクイン!
『検察側の罪人』原田眞人監督にインタビュー クランクイン!
 木村拓哉と二宮和也が夢の共演を果たした映画『検察側の罪人』のBlu‐ray&DVDが早くも2月20日よりリリースされる。これに先立ち、本作のメガホンを取った原田眞人監督が、「一度組んでみたかった」という両雄の“俳優”としての魅力を存分に語った。 雫井脩介の同名小説を基に映画化された本作は、時効廃止前の殺人事件や捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱えるさまざまな問題に切り込みながら、登場人物の葛藤を通して「真の正義とは何か」を洞察する社会派サスペンス。木村演じる東京地検刑事部のエリート検事・最上毅と、二宮演じる入庁5年目の若手検事・沖野啓一郎が、ある未解決事件の捜査をめぐり、師弟関係を超えて激しく対立していくさまをスリリングに描く。

 かねてから俳優として木村と二宮に注目していたという原田監督。「木村さんは、出番は少ないけれど劇中劇の主人公を演じた『2046』や、ナチュラルな演技で時代劇に挑んだ『武士の一分』がすごく印象に残っているし、二宮さんは、何といっても『硫黄島からの手紙』の演技が素晴らしかった。ぜひ一度、2人と組んでみたいと思っていたので、本作のオファーが来たときは、素直にうれしかったですね。2人の共演は、ファンにとっても夢でしょうから」と笑顔がこぼれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >