2019/02/20 08:00

ベッキー、『麻雀放浪記2020』AI搭載アンドロイド役で1人2役

『麻雀放浪記2020』に出演するベッキー(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
『麻雀放浪記2020』に出演するベッキー(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
 俳優の斎藤工が主演を務める映画『麻雀放浪記2020』で、タレントのベッキーが、1人2役に挑戦していることが分かった。結婚後初の映画出演となるベッキーは、「ヒト」と「アンドロイド」という2つのハードな役どころに挑む。 本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来35年ぶりに再び映画化。原作のスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジし、和田版を生涯ベストの1つと公言する斎藤が主人公・坊や哲を演じる。メガホンをとるのは、映画『孤狼の血』の白石和彌監督。

 ベッキーは、1945年の【戦後】で斎藤演じる坊や哲が通っていた麻雀クラブのママ・八代ゆき役と、2020年の新たな【戦後】で、哲の前に現れる謎のAI搭載アンドロイド・ユキの2役に挑戦。東京オリンピックの中止を清算しようと、国家が新たな国策利用のため創造した“セクサロイド”ユキに扮し、端正な顔立ちと佇まいで、人工知能のもたらす利便性の裏に潜む無機質ゆえの不気味さを体現する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >