2019/02/22 13:51

柴咲コウ、猫との生活は「苦労でもあり幸せ」 あふれる猫愛を明かす

(左から)映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶に登場した立川志の輔、柴咲コウ クランクイン!
(左から)映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶に登場した立川志の輔、柴咲コウ クランクイン!
 女優の柴咲コウが2月22日の“猫の日”に都内で、映画『ねことじいちゃん』の初日舞台挨拶に登壇。「苦労でもあり幸せ」と猫への浅からぬ思いを語ったり、劇中の猫と壇上で触れ合ったりして終始笑顔を見せた。 本作は、イラストレーター・ねこまきの同名漫画を原作とする実写映画。妻に先立たれ、島で愛猫・タマと一緒に暮らす大吉の日常を描く。監督は『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK‐BSプレミアム)の岩合光昭、主演は落語家の立川志の輔が務める。。

 今回のイベントには主演の立川志の輔や柴咲の他、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、岩合監督が出席。

 主人公・春山大吉に扮した志の輔は、映画初主演。「監督は、猫のことばっかり。特に私との時は、『OK!』と言った後(撮影でカットがかかった後)はタマへ寄っていって『タマ、お前はなんて素晴らしい…!』とワンカット、ワンカット抱きしめる。私のことは1度も抱かなかった」と述懐。また撮影のリハーサルでは、猫の代わりに「ぬいぐるみを使っていた」と明かし、「アスファルトの長い道を、私が先に歩いて、タマが後ろからついてくるシーンは、(リハーサルで)ぬいぐるみを引きずりながら歩いた。カメラやスタッフは遠くにいる。島の方々も遠くから見ている。何度もぬいぐるみを引きながら歩く私を、何だと思っただろうか」と話し、会場の笑いを誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >