2019/02/26 18:00

『アリータ』4DXで新たなる映画体験 サイボーグたちのスピード感あふれる戦いを体感

『アリータ:バトル・エンジェル』4DXで新たなる映画体験(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
『アリータ:バトル・エンジェル』4DXで新たなる映画体験(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
 木城ゆきと氏のSF漫画『銃夢』を、ハリウッド最先端のVFX技術を結集して実写化した映画『アリータ:バトル・エンジェル』が今月22日から公開。製作・脚本はジェームズ・キャメロン、監督はロバート・ロドリゲスという顔ぶれだけでも、この映画の“本気度”が伝わってくるが、今作ほど、4DX上映にふさわしい映画もないのでははいだろうか? 開幕と同時に体験することで、その思いは確信に変わった。 舞台は数百年後の未来。スクラップの山の中から発見され、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられたサイボーグの少女、アリータ。記憶を失っていた彼女だが、その身体には驚異的な格闘スキルが秘められていた。天空都市・ザレムと、そこからの廃棄物が堆積する“クズ鉄街”アイアンシティ、この2つに分断された世界において、アリータの存在はやがて“世界の秩序”をも揺るがしてゆく存在となり……というストーリーだ。

 まず、誰もが驚くのがその映像クオリティだろう。いわゆる“マンガ”的なキャラクターを実写化し、しかも違和感なく存在しているアリータのビジュアルはもちろんだが、イドやアリータが暮らすアイアンシティの描写の緻密さが凄まじい。雑多だが賑やかで、そこを通り過ぎていくバイクの振動を4DXで体感すると、まるでその街に自分が一緒に生きているかのような気分になる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >