2019/02/27 18:00

ラース・フォン・トリアー監督最新作R18+で日本公開 シリアルキラーの12年間を描く

映画『ハウス・ジャック・ビルト』日本オリジナル版ビジュアル(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN
映画『ハウス・ジャック・ビルト』日本オリジナル版ビジュアル(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN
 映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ニンフォマニアック』などで知られる鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作『The House That Jack Built(原題)』が、邦題を『ハウス・ジャック・ビルト』としてR18+で6月14日より公開されることが決定。併せて日本オリジナルポスタービジュアルも解禁された。 あらゆるタブーに切り込むトリアー監督が、問題発言によるカンヌ国際映画祭追放処分を受けてから7年。本作は、昨年開催された第71回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映されようやくカムバックを果たした最新作となる。

 そのカンヌでは、途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという賛否両論を巻き起こした。アメリカでは、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されるという事態に。日本では、無修正ノーカット版がレイティングR18+で上映される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >