2019/02/28 07:00

チャーリー・ハナム×ラミ・マレック『パピヨン』日本版ビジュアル解禁

『パピヨン』日本版ビジュアル(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『パピヨン』日本版ビジュアル(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 脱獄映画の名作『パピヨン』(1973年)が、映画『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム主演、『ボヘミアン・ラプソディ』で本年度アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックの共演でリメイクされ、6月21日より公開されることが決定。併せて日本版ビジュアルが公開された。 本作は、作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基に、終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇を描いた同名の世界的ベストセラー自伝小説が原作。1973年に映画『猿の惑星』のフランクリン・J・シャフナー監督と脚本家ダルトン・トランボのタッグで映画化され、パピヨン役のスティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演とダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才ドガとの熱い友情が多くの共感を呼び、大ヒットを記録した。

 45年ぶりのリメイク版となる本作は、マイケル・ノアーが監督を務め、パピヨン役をチャーリー、ドガ役をラミが演じる。

 1931年のパリ。胸に蝶の刺青を入れていることから“パピヨン”と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。この島は脱出不可能な場所として知られ、囚人たちは過酷な強制労働を科せられていた。自由と希望を求めてあがくパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >