2019/03/06 04:00

竹内まりや、『ダンボ』日本版エンドソングを担当 山下達郎もコーラス参加

『ダンボ』日本版エンドソングを担当する竹内まりや(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
『ダンボ』日本版エンドソングを担当する竹内まりや(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
 ディズニーアニメの名作をティム・バートン監督が新たな物語として実写化した映画『ダンボ』より、日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌手の竹内まりやが担当することが発表された。竹内のパートナーである山下達郎もバッキングコーラスとして参加する。併せて、楽曲のMVが公開された。 本作は、映画『チャーリーとチョコレート工場』のバートン監督が、名作アニメ『ダンボ』をベースにオリジナル脚本で実写映画化したファンタジー・アドベンチャー。“大きすぎる耳”を持つ赤ちゃん象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す。

 本作のエンドソング『ベイビー・マイン』は、ディズニーアニメ『ダンボ』の劇中歌で、母親象のジャンボがダンボに対する“愛情”を歌った美しいバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーしてきた名曲だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >