2019/03/08 17:00

『運び屋』イーストウッド実娘が父との関係を激白「父とはうまくいってなかった」

映画『運び屋』で父クリント・イーストウッドと34年ぶりに共演するアリソン・イーストウッド(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
映画『運び屋』で父クリント・イーストウッドと34年ぶりに共演するアリソン・イーストウッド(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 クリント・イーストウッドが監督・主演を務めた映画『運び屋』で、イーストウッド演じる運び屋アールの娘役を演じた実娘アリソン・イーストウッドの特別動画インタビューが到着した。「父とはうまくいってなかった」と語り、そんな実生活での経験を役作りに生かしたことを明かしている。 父クリント・イーストウッドが演じるのは、仕事一筋で家庭をないがしろにした揚げ句、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン。アリソンはアールの娘アイリス役を演じており、父との共演は34年ぶりとなる。

 アリソンは自身の役柄について「複雑なキャラクターだわ。父親が、家族より仕事を優先させることに腹を立てているの」とコメント。イーストウッド演じる父アールについては「園芸が生きがいで、結婚生活や父親であるための大切な時間を、犠牲にしている」と説明する。

 そんな複雑な役を演じるため、アリソンは過去の体験を生かした。「(この役を演じることは)とても難しかったわ。最近の私と父の関係は素晴らしいから。過去に戻って掘り起こす必要があったの。父とうまくいっていなかった時を、俳優として活用したわ」と、父イーストウッドとの過去を掘り下げたことを告白。映画界のレジェンドとして尊敬される彼は、映画を作ることに夢中になって家族より仕事を優先した時期があり、運び屋の主人公とも重なるという。アリソンはこの時の経験を役作りに生かしたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >