2019/03/26 06:00

南沙良、不登校の少女に 3作目の主演映画『もみの家』製作決定

映画『もみの家』場面写真(C)「もみの家」製作委員会
映画『もみの家』場面写真(C)「もみの家」製作委員会
 モデルで女優の南沙良が主演を務める映画『もみの家』が2020年春に全国順次公開されることが発表された。 本作は、心の悩みから不登校になってしまった少女が、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」での出会いや経験を通じて成長していく姿を描く。主演はこれで3作目となる南が、実年齢と同じ16歳の少女役を熱演。また、問題を抱えた若者を受け入れ自立を支援する施設「もみの家」の経営者・佐藤泰利を緒形直人、泰利の妻・恵を田中美里がそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、監督デビュー作『真白の恋』で第32回高崎映画祭 新進監督グランプリなどを受賞した坂本欣弘。前作からタッグを組む脚本の北川亜矢子と共に、再びオリジナル脚本の映像化に挑む。

 心に問題を抱えた若者を受け入れ共同生活を送る「もみの家」に、16歳の本田彩花(南)がやってきた。不登校になって半年、心配する母親に促され、うつむきながらやってきた彩花に、「もみの家」の主・佐藤泰利(緒形)は笑顔で声をかけた。「よろしくな、彩花」。周囲に暮らす人々との出会いや豊かな自然、日々を過ごす中で感じ取った大切な何かに突き動かされ、彩花は少しずつ自らの気持ちと向き合あっていく…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >