2019/03/28 16:45

長渕剛、20年ぶりスクリーン復活『太陽の家』に主演

映画『太陽の家』に主演する長渕剛(C)2019映画「太陽の家」製作委員会
映画『太陽の家』に主演する長渕剛(C)2019映画「太陽の家」製作委員会
 長渕剛が主演を務める映画『太陽の家』が4月1日からクランクインし、2020年に公開となることが発表された。長渕の映画出演は1999年以来、約20年ぶりとなる。 本作は、実直な一人の男の「愛」が、不器用で臆病な少年の心を成長させていく物語。長渕は人情味の厚い大工の棟梁役を演じる。今年でデビュー40周年を迎える長渕は、音楽にとどまらず、ドラマ『とんぼ』(TBS/1988年)や『しゃぼん玉』(フジテレビ/1991年)など主演ドラマが高視聴率をはじき出し、ドラマ・映画で俳優としての地位も確立したが、1999年の映画『英二』以降、スクリーンにはその姿を見せていなかった。

 メガホンをとるのは、ドラマ『相棒』シリーズや『監査役 野崎修平』の権野元監督。脚本は江良至が担当する。

 神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾は、普段はサングラス姿でこわもて風だが、やんちゃで人情味の厚い男。現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。年ごろの娘としっかり者の女房と幸せに暮らす川崎だが、好みの女性には少々弱い。いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいるところに、保険会社の営業ウーマン・池田芽衣が通りかかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >