2019/04/04 13:00

ホアキン・フェニックス主演ジョーカー単独映画、ダークなティーザー予告が初解禁

『バットマン』シリーズの悪役ジョーカーを演じるホアキン・フェニックス(C)AFLO
『バットマン』シリーズの悪役ジョーカーを演じるホアキン・フェニックス(C)AFLO
 DCコミックス『バットマン』シリーズの悪役ジョーカーが主人公の映画『Joker(原題)』。現地時間3日、米ラスベガスで開催された映画イベント、シネマコンで初ティーザー予告が解禁となった。俳優のホアキン・フェニックス演じる不気味なジョーカーに期待が高まる映像となっている。 トッド・フィリップス監督がメガホンを取る『Joker(原題)』。予告編はフィリップス監督のコメディ映画『ハングオーバー』シリーズとは打って変わり、ダークなトーンでジョーカーの姿にも悲哀を感じる。

 本作は、のちにゴッサムシティの悪・ジョーカーとなる男アーサー・フレックがいかにして悪の道に進むかを描く誕生物語となる。予告編では、母親に「笑顔を忘れずに」と言われて育ったアーサーがコメディアンになり、ピエロの格好をして人々を笑わせようとしている姿が映し出される。だが、ごろつきにからまれ殴られてしまうアーサー。彼にはとびきりの笑顔を見せてくれる恋の相手ソフィー(ザジー・ビーツ)もいるようだが、アーサーの中で何かが起き、変わっていく。『バットマン』シリーズでおなじみの精神病院アーカム・アサイラムも登場する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >