2019/04/11 15:30

モトーラ世理奈×西島秀俊ら共演、故人に思いを伝える『風の電話』2020年公開

映画『風の電話』に出演する(左から)モトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行
映画『風の電話』に出演する(左から)モトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行
 今は亡き大切な人と思いをつなぐ電話として新聞やテレビをはじめ数多くの媒体で取り上げられてきた「風の電話」が、モデルで女優のモトーラ世理奈の主演、俳優の西島秀俊、三浦友和、西田敏行らの共演で映画化されることが決まった。4月中旬にクランクインし、2020年初春の公開を予定している。 「風の電話」は岩手県大槌町の小高い丘の上にある。2011年、佐々木格氏が、死別したいとこともう一度話したいという思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、ラインのつながっていない黒電話を置いた。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に心で話すこの電話には、3万人にも上る人々が訪れている。

 このエピソードを基にした本作は、一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。

 主人公ハル役には、2015年よりモデルで活躍し、近年は『少女邂逅』『21世紀の女の子』など映画でも注目されるモトーラ。ハルと行動を共にする森尾役に西島、旅の途中で出会い、ハルに影響を与える重要な人物として、三浦、西田らの出演が決まった。監督は、独特の映画演出とその完成度の高さでフランスをはじめ国内外で絶賛されている諏訪敦彦が、日本映画としては『H story』以来18年ぶりにメガホンをとる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >