2019/04/12 06:00

佐藤健×大友啓史監督『るろうに剣心』最終章、2020年夏に2作連続公開

『るろうに剣心』最終章ビジュアル(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 「るろうに剣心」最終章 製作委員会
『るろうに剣心』最終章ビジュアル(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 「るろうに剣心」最終章 製作委員会
 俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズの最終章となる2部作が、2020年夏に連続公開されることが決まった。原作の最終章にあたる<人誅編>をベースに、それぞれ剣心の十字傷の謎に迫る物語と、最恐の敵との戦いを描く作品となる。 同シリーズは、和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。これまでの3作品の累計興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破。海外でも100ヵ国以上で配給されている。

 最終章2部作では、これまで語られることのなかった剣心の十字傷の謎に迫る物語と、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていたシリーズ最恐の敵・縁(えにし)との戦いを、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描く。原作の最終章<人誅編>をベースに、その一部となる<追憶編>と、志々雄真実との壮絶な戦いの後の、これまでの剣心の生き方すべてに決着をつける<人誅編>のクライマックスまでの物語で、それぞれの本編タイトルは後日発表される予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >