2019/05/04 13:00

ジェームズ・マカヴォイ&ジェシカ・チャステイン、『X‐MEN』で3度目共演も不満!?

『X‐MEN:ダーク・フェニックス』場面写真(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
『X‐MEN:ダーク・フェニックス』場面写真(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
 世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描く人気シリーズ『X‐MEN』の最新作『X‐MEN:ダーク・フェニックス』より、俳優のジェームズ・マカヴォイが女優のジェシカ・チャステインとの3度目の共演について語った。 シリーズ7作目となる本作は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持つX‐MENのメンバーで、多重人格者でもあるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が主人公。宇宙ミッションでの事故によってジーンのダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”が解放されてしまう。X‐MENは全宇宙の破滅を止めるべく、ジーンの“悪”に立ち向かう。

 ジェシカは本作初出演にして、ヴィラン役の謎の女に扮する。突如手にした制御不能のパワーに戸惑うジーンに対し、自分たちと手を組むようにささやく、ミステリアスな役どころだ。

 アメコミ映画初登場となる彼女は、自身のインスタグラムで出演決定を告知したのみならず、X‐MENを率いるプロフェッサーX役のジェームズの頬を笑顔でつねるツーショット写真を2017年8月に投稿。相性抜群の2人だが、映画『ラブストーリーズ コナーの涙』(2013)、『ラブストーリーズ エリナーの愛情』(2013)で夫婦役を演じたほか、本作に続けて、2019年9月6日(現地時間)より全米公開予定のホラー映画『IT:Chapter 2(原題)』で4度目の共演を果たす。ジェシカは「ジェームズとは3本の映画で共演しているから、良い友達よ」と、お互いの関係についてコメントしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >