2019/05/10 11:00

リリー・ジェームズ主演のミステリー『ガーンジー島の読書会の秘密』公開

『ガーンジー島の読書会の秘密』メインビジュアル(C)2018 STUDIOCANAL SAS
『ガーンジー島の読書会の秘密』メインビジュアル(C)2018 STUDIOCANAL SAS
 女優のリリー・ジェームズが主演を務める映画『THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY(原題)』が、邦題を『ガーンジー島の読書会の秘密』として8月30日に公開されることが決定。併せて、メインビジュアルも解禁された。 本作は、アカデミー賞2部門を受賞した『スリー・ビルボード』や、ヒューマンドラマ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を世に送り出したプロデューサー陣が、再びタッグを組んで送る最新作。映画『シンデレラ』のリリーが主人公を演じ、『フォー・ウェディング』の名匠マイク・ニューウェルが監督を務める。

 タイトルにある「ガーンジー島」とは、第二次世界大戦中に、英国で唯一ドイツの占領下にあったチャンネル諸島の一つで、イギリス海峡に浮かんでいる島のこと。

 1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエット(リリー)は、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチスに脅えていた大戦中、読書会と、創設者であるエリザベスという女性の存在が、会のメンバーを支え、本が人と人の心をつないでいたというエピソードに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねる。だが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、彼女は彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがてエリザベスが不在の理由にたどり着くのだが…。

 解禁されたメインビジュアルでは、ガーンジー島を背景にトランクを手にしたリリー演じるジュリエットが描かれ、「ページをめくると、人生を輝かせる出会いが待っている。」というコピーが添えられている。彼女が魅せられた“ガーンジー島の読書会”の秘密とは何なのか、ミステリアスで独創的な物語を期待させるビジュアルとなっている。

 映画『ガーンジー島の読書会の秘密』は8月30日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >