2019/05/17 14:00

ダニエル・クレイグ、足のケガで『007』最新作の撮影が一時休止

『007』最新作の撮影中に負傷した6代目ボンドのダニエル・クレイグ(C)AFLO
『007』最新作の撮影中に負傷した6代目ボンドのダニエル・クレイグ(C)AFLO
 俳優のダニエル・クレイグ演じる6代目ジェームズ・ボンドが見納めになる可能性のある『007』最新作。数回にわたる監督の降板や脚本の書き直しで制作の開始時期がずれ込んだ上に、ダニエルがケガをして撮影の一時中断を余儀なくされたという。 The Sunによると、ダニエルはジャマイカでアクションシーンを撮影中に滑って転び、足首のじん帯をひねったという。治療のため直ちにニューヨークへ飛び、レントゲン写真などを撮ったとのことだ。17日以降の週末にロンドンのパインウッドスタジオで予定されていた撮影は、キャンセルになったという。

 情報筋は「当初、事態は最悪だと思われていたが、ケガは思われていたほど、ひどくなかった。ダニエルは足首に負担を与えずに撮影できるはずだ。1週間以内に撮影に戻れるだろう」と話しているという。「ダニエルは何ヵ月もかけて肉体を整えた後だったので、ケガをしたことに腹を立てていた」とのことだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >