2019/05/28 14:00

レオナルド・ディカプリオ、憧れのリヴァー・フェニックスを見た日を回顧「固まった」

リヴァー・フェニックスに憧れていたというレオナルド・ディカプリオ(C)AFLO
リヴァー・フェニックスに憧れていたというレオナルド・ディカプリオ(C)AFLO
 誰にでも憧れのスターはいる。オスカー俳優のレオナルド・ディカプリオにとっては、1993年に薬物の過剰摂取により23歳の若さで急逝した俳優のリヴァー・フェニックスがそうだったという。レオナルドはそんな憧れのリヴァーが亡くなった日に、亡くなる直前のリヴァーを見て「固まった」という当時を振り返った。 日本では8月30日より公開予定の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演するレオナルド。監督のクエンティン・タランティーノと共演俳優ブラッド・ピットとともに米男性誌「Esquire」に登場し、リヴァーに関するエピソードを語った。

 自分の世代を代表する偉大な俳優としてリヴァーを崇めていたというレオナルド。リヴァーと会って握手する日を夢見ていたそう。そんなレオナルドは、リヴァーがライブハウス「ヴァイパー・ルーム」で亡くなる前に行っていたパーティーに、参加していたという。

 階段を上がってくるリヴァーの顔に“何か”を見たというレオナルド。「彼に一度も会ったことがなく、いつも会いたいと思っていた。一度でいいから会いたいと思っていたんだ。その彼が僕の方に向かって歩いてきたんで、僕は固まってしまった感じだった」と回顧している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >