2019/06/02 09:00

気になる出来栄え! 実写版『アラジン』に期待すべき5つのこと

6月7日より全国公開『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
6月7日より全国公開『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 予告編の公開から大きな反響を呼び、少しずつその全貌が見えてきた実写版『アラジン』。1992年に公開されたアニメ版は、ディズニーアニメの中でも特に高い人気を誇る作品だけに、ファンとしてはその出来栄えが非常に気になるところ。今回は、そんな実写版の公開に備え、アニメ版を踏まえた実写版に期待すべき5つの要素をピックアップしてみたい。■(1)実写版ならではの厚みのあるストーリーに期待

 本作は、砂漠の王国アグラバーを舞台に、貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンス、そして3つの願いを叶える魔法のランプを巡る壮大な冒険を描くエンタテイメント作品。

 アニメ版の上映時間は、劇場映画としては短めの90分で、軽快なミュージカルを交えテンポよくストーリーが進行していくのが特徴。それ故に、キャラクターの背景や感情を深く描くよりも、わかりやすさが重視された印象だった。一方、実写版の尺は128分と大幅に拡大。アラジン、ジャスミン、ジーニーという主要人物はもちろん、ジャスミンの父親である国王、そしてヴィランであるジャファーなど、それぞれのキャラクターの掘り下げに期待したい。そして、物語の舞台となるアグラバーという国の背景も、アニメ版ではほぼ触れられなかった部分。それらをしっかりと描くことができれば、『アラジン』のストーリーは大きなドラマ性を持つことになるはずだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >