2019/06/07 07:00

佐藤健×白石和彌『ひとよ』クランクアップ 11月8日公開決定

映画『ひとよ』クランクアップの様子(C)2019「ひとよ」製作委員会
映画『ひとよ』クランクアップの様子(C)2019「ひとよ」製作委員会
 俳優の佐藤健が主演を務め、『孤狼の血』の白石和彌監督がメガホンを取る映画『ひとよ』がクランクアップを迎えた。併せて、公開日が11月8日に決まったことも発表された。 本作は、劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名の舞台作品の映画化。ある事件をきっかけに離散した一家が、15年後に再会し、絆を取り戻そうとする姿を描く。主演の佐藤のほか、きょうだい役で鈴木亮平と松岡茉優、母親役で田中裕子が共演。いずれも白石監督作品には初出演となる。脚本は高橋泉が務める。

 15年前、ある家族に起きた一夜の事件。それは、母とその子どもたちの運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事にとらわれたまま別々の人生を歩み、15年後に再会する。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうと、もがき続けるのだが…。

 令和初日となる5月1日にクランクインした本作は、1ヵ月におよぶ撮影を経て、6月1日に家族揃ってクランクアップとなった。この日に行われた撮影は、家族全員が揃ったクライマックスの重要なシーン。一連の流れでの動きの多いシーンでもあるため、白石監督を中心に入念な段取りが行われ、幾度もシーンの検証が繰り返された。時折キャストからも提案が挙がり、モニターで自らの動きを最終確認。本番ではほぼ一発OKで迫真の芝居が次々と収められていき、日付が変わる直前にクランクアップの時を迎えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >