2019/06/23 18:00

横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』、新映像解禁

『いなくなれ、群青』チラシビジュアル(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
『いなくなれ、群青』チラシビジュアル(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会
 俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、新映像《真辺編》が解禁された。主人公・七草(横浜)が幼なじみの真辺(飯豊)と再会したことで、止まっていた時間が動き出す様子を映し出している。 本作は、第8回「大学読書人大賞」受賞作で、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕による同名の青春ミステリー小説を、米国の高校在学中にバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞した新鋭・柳明菜監督が実写映画化。主人公・七草は「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。

 《真辺編》の映像は、「この島の人たちは、捨てられた人たち」という七草のせりふから始まり、「私達は誰に捨てられたの?」と、誰よりも真っすぐで、誰よりも純粋な真辺が七草に疑問をぶつける場面が映し出される。美しいピアノの音色が<階段島>で暮らす人々の日常を運んでゆく中、七草の通う学校に真辺が転校してきたことで、平穏だった日常に変化が訪れ、「僕は真辺由宇がこの島に来たことが許せなかった」というせりふが、七草と真辺の再会によって動き出した二人の運命を物語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >